授乳中は葉酸が必要ですが注意事項もあります

産後において葉酸は母乳を作るために必要な栄養素です。あわせて細胞の形成に重要な品物です。
たいていの場合において子供の発育の事だけ考えている方が多いでしょうが、母体にとっても細胞形成において重要な時期です。

 

それがお産後です。
産後は子宮の変化を修復しなければならないので、葉酸の摂取により回復を高めるという考えをもたなければいけません。

 

現在、妊娠中も授乳時も摂取を勧められています。しかし注意しなければいけないこともあります。
摂取上限量は定められています。妊娠中は40マイクログラム授乳中は280マイクログラム目安に摂取した方がよいとなっています。
摂取に伴う目的が異なると考えればいいのですが、妊娠中は、無脳症や神経管の閉鎖障害を発症させるリスクを低く抑えるために重要と言われますが、あわせて細胞分裂に欠かせない栄養素としても注目されています。
授乳中は母乳を作るためにたくさんの血液が必要です。赤血球作るためになくてはならないと言われていますから、不足になり悪性貧血を起こさないように気を付ける目的で摂取を推奨されます。

 

出産後は摂取しなくても良いと思うのではなく、授乳期間もしっかり摂取して赤ちゃんとお母さん双方の健康のために不足にならないようにしましょう。